不思議な人形ジョニー君
川越の路地裏で、ジョニー君が大道芸をやっていた。
この人形は、どうして動いているのか全く不明。
1000円で買ってくれば良かったかな。
動画36秒
d0079081_172841.jpg
d0079081_17302717.jpg




2日間仙台方面に出張だった。
数年前、退職し、田舎暮らしを満喫しているDさんを思い出し、訪ねて行った。場所は岩沼のひとつ隣の槻木(つきのき)。

 Dさんは出かけていて、ちょうど帰ってきたところだった。
突然の訪問で、びっくりした様ですが、再会を喜びあった。

いまは小さな畑で、野菜を作り、クルミや銀杏、山菜をとってきて自分で料理を作る。納豆や豆腐、みそも自分で作るそうだ。
そして、テレビもパソコンもない...何もない生活をしている。

地域にはお年寄りが多く、パソコンを十分にこなせないので、手助けをしたら、結局パソコン教室まで開くようになってしまったとのこと。 もともとNECのPC8001が登場したころ、二人でPCを使った検査設備を作ったほどの人だから、パソコンは嫌いではない。

とても、都会人の私にはマネができそうにない。
元気な姿、たくましい田舎暮らしの友人との再会だった。
d0079081_1925040.jpg

[PR]
by motsuka0608 | 2008-10-30 20:04 | イベント、祭り


<< 東京パノラマ 消えた線路5(西武安比奈線) >>