目黒不動 (五色不動1)
五色不動は、三代将軍家光の時代(1632~1651)に、天海大僧正の進言により江戸城の守りの場所になったといわれている。

また、この世は地(黄)、水(黒)、火(赤)、風(白)、空(青)の5大要素とする密教の考えもある。

江戸五街道の守護:東海道 目黒不動(龍泉寺)、中山道 目赤不動(南谷寺)、川越街道 目白不動(金乗院)、甲州街道 目青不動(教学院)、日光街道(奥州街道)目黄不動(永久寺)、水戸街道 目黄不動(最勝寺)等、諸説があるようです。

これから順番にご案内いたします。

龍泉寺(目黒区下目黒3-20)
東急目黒線不動前下車、徒歩5分

d0079081_18152874.jpg
d0079081_18155867.jpg

昔は水かけ不動明王は池の中央にあったが、今は水をかけやすいように、池の端に移動している。
d0079081_18163624.jpg


今も、こんこんと湧き出る泉は迫力がある。
昔は、寒い冬に、裸で滝にうたれて修行する僧もあったとか。
d0079081_18191999.jpg

d0079081_18165456.jpg

[PR]
by motsuka0608 | 2009-01-04 08:48 | 散歩、ウォーキング


<< 目青不動 (五色不動2) 2009年箱根駅伝 >>